【アウディ A3スポーツバック 新型発売】インテリアはスイッチを少なくすっきりと

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ・A3スポーツバック
  • アウディ・A3スポーツバック
  • アウディ・A3スポーツバック
  • アウディ・A3スポーツバック
  • アウディ・A3スポーツバック
  • アウディ・A3スポーツバック
  • アウディ・A3スポーツバック
フルモデルチェンジしたアウディ『A3スポーツバック』のインテリアは水平基調をより強調したデザインになっている。

アウディジャパンプレセールス部商品企画の平野智さんによると、「インテリアはデコラティブパネル(センタークラスターを中心に運転席、助手席にかけての加飾)を入れることで水平基調を強調し、スイッチ類をそこに集め、さらに余計なスイッチ類をできるだけ増やさないようにデザインにしています」と話す。

また、センターコンソールは、『A4』などと同様独立したものとなり、ロータリープッシュボタンなどを、機能性を犠牲にせずにすっきりと配置させたという。平野さんは、MMIとしてスイッチは減る方向だとし、「これまでは1クリックで出来るだけ色々なことを行おうという概念がありましたが、逆にボタンが多すぎて、分かり難いという声もありました。そこで、クリック数が増えても、直感的に触れる方が良いと考えボタンを減らしたのです」と述べる。

室内に入ってすぐに目につくエアコンの吹き出し口は、ジェットエンジンを彷彿とさせ、同時に、機能性も持ち合わせている。「引いたり押したりすることで、例えば顔だけとか体だけなどスポットでの送風と、より拡散して全体への送風とを切り替えることが出来ます」。さらに、外径の風量調節リングは、確認音とクリックを発しながら回転するなど、質感の高さにもこだわった。「ひとつひとつの操作感がしっかりしています。アウディは他社に先駆けて触感部門があり、その成果です」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集