レンジローバー/レンジローバー・スポーツ、2014年モデルを発表…初のHVモデルもラインアップ

自動車 ニューモデル 新型車

レンジローバー/レンジローバー・スポーツ、2014年モデル
  • レンジローバー/レンジローバー・スポーツ、2014年モデル
  • レンジローバー/レンジローバー・スポーツ、2014年モデル
英ランドローバーは9月4日、『レンジローバー』および『レンジローバー・スポーツ』の2014年モデルを発表した。

レンジローバー・スポーツには、4.4リッターSDV8ディーゼルエンジンをパワートレイン・ラインアップに追加した。キャリブレーションを最適化し、ツイン・インタークーラーや新型オイルパン、新設計の鋳造合金製エンジンマウントを用いた改良型吸気システムを採用し、最大出力339psと700Nmの圧倒的なトルクを発生。ZF製8速ATと組み合わせ、0-100km/h加速6.9秒、最高速度225km/hを実現する(ダイナミックパック装着時)。

さらにレンジローバー、レンジローバー・スポーツの両モデルには、ランドローバー初となるハイブリッドモデルを設定。3リッターSDV6ターボディーゼルエンジンと出力35kWの電気モーターを組み合わせ、総出力340psと700Nmのトルクを発生する。

また、従来から搭載されている縦列駐車をアシストする「パラレル・パーク」機能に加え、2014年モデルでは、縦列駐車した場所から自動操縦で車を出すことができる「パーキング・エグジット」(オプション)、駐車スペースの中央に駐車することを可能にする「パーペンディキュラー・パーク」、16km/h以下で作動し、センサーによって車両の周辺360度の人や障害物を感知して警告する「パークディスタンス・コントロール」を追加装備した。

くわえて、スマートフォン用アプリを使って施錠状態や燃料残量などを確認できる「ランドローバー・インコントロール・リモート」、車両盗難発生時に追跡をサポートする「ランドローバー・インコントロール・セキュア」、無線接続環境を提供する「ランドローバー・インコントロール・WiFi」という、3種類のコネクティビティ機能を追加した。

なお、日本市場における2014年モデルの発売時期などは未定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集