【アウディ A3スポーツバック 新型発売】デザインはより低く、より幅広くがキーワード

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ・A3スポーツバックの発表会にて。アウディジャパン大喜多社長と女優の木村佳乃さんさん
  • アウディ・A3スポーツバックの発表会にて。アウディジャパン大喜多社長と女優の木村佳乃さんさん
  • アウディ・A3スポーツバック
  • アウディ・A3スポーツバック
  • アウディ・A3スポーツバック
  • アウディ・A3スポーツバック
  • アウディ・A3スポーツバック
フルモデルチェンジしたアウディ『A3スポーツバック』のエクステリアデザインは、キープコンセプトである。

アウディジャパンプレセールス部商品企画マネージャーの田代友康さんによると、「先代に乗っている方が、新型を見て全然違う形になってしまったと思われないよう、先代のモデルを引き継いだ(キープコンセプトな)デザインとなっています」とし、先代から引き継いだ特徴として、コンパクトでありながらプレミアム感が出るような非常に美しいライン(サイドの直線的なプレスラインや、ルーフラインなど)などであるという。

また、同プレセールス部商品企画の平野智さんは、「先代モデルは10年近く販売してきて、ライフサイクルの後半になったにも関わらず販売台数が落ちませんでした。その一つの理由は、デザインにおいて不変的な要素を持っていたと、アウディ本社はそう分析したのです」と述べる。

キープコンセプトではあるものの、『A4』などの他のアウディと共通の新しい要素も盛り込んだと平野さん。「より低く、より幅広くというキーワードで、リアから見ると、横方向のラインの位置を下げることで、低重心かつ、幅広く見えるようにデザインしています」と話し、そこに、リアコンビネーションランプや、A3らしさのあるヘッドランプやシングルフレームグリルを取り入れることで、他のアウディと共通するアイデンティティを持たせながらもA3らしさを醸し出していると語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集