マツダ、先進安全自動車 アテンザ ASV-5 の公道実証実験を開始…世界初の路面電車-自動車間通信

自動車 テクノロジー ITS

世界初の路面電車-自動車間通信による先進安全支援システムのデモンストレーション走行(イメージ)
  • 世界初の路面電車-自動車間通信による先進安全支援システムのデモンストレーション走行(イメージ)
  • マツダ・アテンザ ASV-5
マツダは、安全運転支援システムを搭載した『アテンザ ASV-5』を開発し、産学官共同で研究・実用化が進められるITSを活用した安全運転支援システムの公道実証実験を2013年9月から開始すると発表した。

マツダは、10月14日から18日に開催される「ITS世界会議東京2013」で、ASVによる先進安全技術のデモンストレーション走行を行う。また10月20日・21日には、ITS世界会議の一環として、世界初の路面電車-自動車間通信による先進安全支援システムのデモンストレーション走行を広島市内で行う。

広島市では、路面電車が市民の足として定着しており、1日平均約15万人の利用がある。今回の実験では、路面電車と自律型車載センサーを搭載した自動車との間で通信を行うことで、接触事故を未然に防ぎ、安全で円滑な運転を支援するシステムの効果検証を中心に行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集