【INDYCAR 第16戦】パジェノー、大波乱のボルチモアを生き残り優勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

サイモン・パジェノ
  • サイモン・パジェノ
  • サイモン・パジェノ
  • サイモン・パジェノ
  • サイモン・パジェノ
  • ジョセフ・ニューガーデン
  • 佐藤琢磨
インディカーは9月1日、ボルチモア市街地コースで行われたグランプリ・オブ・ボルチモアのレースで、シュミット・ピーターソン・HPモータースポーツのサイモン・パジェノが今季2度目の勝利を飾ったことを発表した。

この75ラップのレースでは6度のフル・コース・コーションが出され、ほぼ全ての車が何らかのダメージを受けるという大波乱の展開となった。

「車はファンタスティックだったよ。僕達はリスタートで事故に巻き込まれなかったので、とてもラッキーだった。最後のリスタートではマルコ(アンドレッティ)とTK(トニー・カナーン)に対して激しくプッシュした」とパジェノは語った。

この結果、パジェノはポイント・スタンディングでマルコ・アンドレッティを抜き、3位に上昇した。

一方、レースの中盤にトップ争いを繰り広げていたスコット・ディクソンとウィル・パワーは、リスタートの際にセバスチャン・ボーデを避けようとしたパワーがディクソンの車をウォールに押し付けるような形で接触し、ディクソンはリタイヤとなって、レース後に不満と怒りを顕にした。

佐藤琢磨はわずか4ラップで、エンジンの故障の為にリタイヤとなってしまった。

グランプリ・オブ・ボルチモアの結果

1. サイモン・パジェノ(ホンダ)
2. ジョセフ・ニューガーデン(ホンダ)
3. セバスチャン・ボーデ(シボレー)
4. ジャスティン・ウィルソン(ホンダ)
5. シモーナ・デ・シルベストロ(シボレー)
6. チャーリー・キンボール(ホンダ)
7. ジェームズ・ヒンチクリフ(シボレー)
8. セバスチャン・サーベドラ(シボレー)
9. エリオ・カストロネベス(シボレー)
10. マルコ・アンドレッティ(シボレー)
11. トリスタン・ヴォーティエ(ホンダ)
12. オリオール・セルビア(シボレー)
13. E.J.ヴィソ(シボレー)
14. エド・カーペンター(シボレー)
15. トニー・カナーン(シボレー)
16. ステファン・ウィルソン((ホンダ)
17. グラハム・レイホール(ホンダ)
18. ウィル・パワー(シボレー)
19. スコット・ディクソン(ホンダ)
20. ライアン・ハンター=レイ(シボレー)
21. ダリオ・フランキッティ(ホンダ)
22. ルカ・フィリッピ(ホンダ)
23. ジェームズ・ジェイクス(ホンダ)
24. 佐藤琢磨(ホンダ)
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集