【INDYCAR 第16戦】ブルデー、レース当日の最終プラクティスで最速、琢磨は8位

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ボルチモアの最終プラクティス(動画キャプチャ)
  • ボルチモアの最終プラクティス(動画キャプチャ)
  • ボルチモアの最終プラクティス(動画キャプチャ)
  • ボルチモアの最終プラクティス(動画キャプチャ)
  • ボルチモアの最終プラクティス(動画キャプチャ)
  • ボルチモアの最終プラクティス(動画キャプチャ)
  • ボルチモアの最終プラクティス(動画キャプチャ)
インディカー第16戦、予選での事故で最後尾からのスタートとなったドラゴン・レーシングのセバスチャン・ブルデーが、レース当日の朝のウォームアップで1分18秒4535の最速ラップタイムを叩き出した。

ボーデの車は昨日のQ1でタイヤバリアに激突して車を破損すると共に赤旗を出してしまい、ラップタイムが未承認となってしまった。

「少し欲張り過ぎたね。僕はシケインのカーブで、どれくらい膨らめるかを試した。どうやらリミットを越えたようで、出口で車が跳ね上がってタイヤウォールが僕達を待っていた。車を破損してしまって、それは残念だったしピットの皆を失望させた。僕達は速い車を持っているので、レースではどれだけ追い挙げられるかチャレンジしてみるよ」とボーデは語った。

チップ・ガナッシ・レーシングのダリオ・フランキッティと、レイホール・レターマン・レニガン・レーシングのジェームズ・ジェイクスは未承認のエンジン交換の為、それぞれスタートで10グリッド降格のペナルティーを受けることとなる。

グランプリ・オブ・ボルチモアの最終プラクティスの結果

1. セバスチャン・ボーデ(シボレー)
2. ウィル・パワー(シボレー)
3. ジョセフ・ニューガーデン(ホンダ)
4. ジェームズ・ジェイクス(ホンダ)
5. スコット・ディクソン(ホンダ)
6. トリスタン・ヴォーティエ(ホンダ)
7. ジャスティン・ウィルソン(ホンダ)
8. 佐藤琢磨(ホンダ)
9. サイモン・パジェノ(ホンダ)
10. チャーリー・キンボール(ホンダ)
11. グラハム・レイホール(ホンダ)
12. ライアン・ハンター=レイ(シボレー)
13. エリオ・カストロネベス(シボレー)
14. ルカ・フィリッピ(ホンダ)
15. オリオール・セルビア(シボレー)
16. シモーナ・デ・シルベストロ(シボレー)
17. トニー・カナーン(シボレー)
18. ダリオ・フランキッティ(ホンダ)
19. E.J.ヴィソ(シボレー)
20. セバスチャン・サーベドラ(シボレー)
21. ジェームズ・ヒンチクリフ(シボレー)
22. マルコ・アンドレッティ(シボレー)
23. ステファン・ウィルソン(ホンダ)
24. エド・カーペンター(シボレー)
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集