JR東日本、「ひたち」50周年の記念列車10月に運転…485系とE653系

鉄道 エンタメ・イベント
「ひたち」50周年記念のロゴマーク。かつてのヘッドマークと「ムコナくん」をあしらったデザイン。
  • 「ひたち」50周年記念のロゴマーク。かつてのヘッドマークと「ムコナくん」をあしらったデザイン。
  • 「ひたち」50周年記念のロゴマーク。キハ81系とE657系をあしらったデザイン。
JR東日本水戸支社は、常磐線の特急『ひたち』が準急列車として登場してから今年で50周年となるのを記念し、10月13日に団体専用列車『ひたち50周年記念号』を運行する。50周年記念の入場券も同日から発売する。

『ひたち50周年記念号』は、いわき駅から上野駅まで往復する行程で、運転時刻はいわき9時22分頃発~上野12時22分頃着、上野17時3分頃発~いわき19時48分頃着。車両は往路が国鉄色の485系、復路がE653系を使用する。

車内では、国鉄時代の復刻版制服を着用した社員による記念トレーディングカードの配布や、日本食堂時代の車内販売員の制服を着用した社員による弁当の配布、鉄道グッズの車内販売などが行われる。

旅行代金は往復の列車と弁当、トレーディングカードを含め8800円。募集人数は300人で、9月2日から土浦、水戸、日立、いわき、下館各駅のびゅうプラザと常陸大子駅、びゅう予約センター水戸で発売する。

記念入場券は、これまでの『ひたち』使用車両をあしらったデザインのD型硬券で、上野、水戸、勝田、常陸多賀、日立、高萩、泉、湯本、いわき9駅分の大人用入場券を専用台紙に収納した1セット1250円での発売。土浦、水戸、勝田、常陸多賀、日立、高萩、泉、湯本、いわき各駅のほか『50周年記念号』の車内でも販売する。

また、50周年の記念ロゴも決まった。かつてのヘッドマークとE657系イメージキャラクター「ムコナくん」をあしらったものと、新旧車両をあしらったデザインの2種で、10月1日から2014年3月31日まで使用される。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

  • JR東日本、常磐線フレッシュひたちで651系が復活…10月から1年半 画像 JR東日本、常磐線フレッシュひたちで651系が復活…10月から1年半
  • JR東日本、常磐線広野~竜田間2014年春にも再開へ…福島原発の旧警戒区域 画像 JR東日本、常磐線広野~竜田間2014年春にも再開へ…福島原発の旧警戒区域
  • JR西日本、山陽新幹線博多車両基地の一般公開イベント開催…10月20日 画像 JR西日本、山陽新幹線博多車両基地の一般公開イベント開催…10月20日
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース