【鉄視点】暮らしに息づく手漕ぎの渡し舟…豊川の牛川渡船に乗る

船舶 行政
乗船料は無料。運航時間は4~9月が8~18時、10~3が8~17時(正午から昼休みあり)
  • 乗船料は無料。運航時間は4~9月が8~18時、10~3が8~17時(正午から昼休みあり)
  • 牛川の渡しへは、豊橋鉄道市内電車で東八町電停下車、徒歩20分
  • 牛川の渡しへは、豊橋鉄道市内電車で東八町電停下車、徒歩20分
  • 愛知県道69号沿いに「牛川渡船」と記された看板が
  • 愛知県道69号沿いにある看板
  • 東岸の小屋の前にある「船呼び板」
  • 東岸から出航準備する船頭
  • 東岸から出航準備する船頭
おだやかな豊川(とよがわ)の流れを横切る手漕ぎ舟。愛知県豊川市牛川町の「牛川の渡し」は、江戸時代よりも前から続く渡し舟で、市道大村町・牛川町175号線を結ぶことから豊橋市が管理・運営を行なっている。

明治期の村営を経て1932(昭和7)年から豊橋市営として運航されているこの牛川渡船。船頭が豊川の東岸(牛川町側)に常駐し、西岸(大村町側)との間を往復している。

新幹線から、豊橋鉄道東田本線(市内電車)へ。移動速度をだんだん緩ませて、愛知県道69号沿いにある「牛川渡船」と記された看板の矢印に従って歩くと、うっそうとした森のなかに、小屋がひとつ。

「船呼び板」をコンコンと叩くと、「ハイヨー」と船頭が現れる。日焼けした顔やがっちりとした腕からは、67歳とは思えない。

船体には「ちぎり丸 最大搭載人員11名」と記されている。豊橋駅前の大豊商店街(水上ビル)でレンタルした自転車を載せ、西岸へ渡る。

「東京の矢切(の渡し)には船外機が付いているっしょ。竿一本でやってるのはもうここだけ。この川の下にね、ロープが走っとってね、この舟とロープがつながってて、流されることはないんですわ」

三河湾の干満や上流の天候などによって豊川の流れは変わる。船体は水中のロープとつながっているが、船体を安定させるためには、長年の経験による技術が要るという。船頭は竿を操り、船の向きを整えながら、西岸へと導く。

豊橋市役所が2013年7月の渡船業務月報を見せてくれた。運航回数は月間374回、乗船者が数730人(通勤0人・通学253人・一般148人・見学329人)、自転車等が388台。

運航回数は天候や曜日などによって差が出る。晴れた日の19回に対して、雨の日の5回という日もある。土日や祝日には「見学」という枠の数が増える。

自転車と中年記者だけを乗せた渡し舟が西岸に着こうとするころ、先ほど出た東岸を振り返ると、この舟を待つ女子高生の姿が見えた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • 【鉄視点】信号機が出現、営業所も進出…東北縦貫線のまわりで動き 画像 【鉄視点】信号機が出現、営業所も進出…東北縦貫線のまわりで動き
  • 【鉄視点】キラリ技術力…東京・下町の鉄工場でブラジル・サンバ楽器の修理 画像 【鉄視点】キラリ技術力…東京・下町の鉄工場でブラジル・サンバ楽器の修理
  • 【鉄視点】消える昭和の地下街…占用許可の波 画像 【鉄視点】消える昭和の地下街…占用許可の波
  • 【鉄視点】なじみ客も離れ、新たな客が来るか…移り行く梅田貨物駅界隈 画像 【鉄視点】なじみ客も離れ、新たな客が来るか…移り行く梅田貨物駅界隈
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース