メルセデスベンツ、Cクラスクーペ の装備充実

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ・C250クーペ シュポルト
  • メルセデスベンツ・C250クーペ シュポルト
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『Cクラスクーペ』の装備内容を充実、また一部モデルの設定変更を行い、8月1日より販売を開始した。

『C180クーペ』は、AMGスポーツパッケージを標準装備。AMGスタイリングパッケージや18インチAMG7スポークアルミホイールなどに加えて、AMGスポーツステアリングやステンレスアクセル&ブレーキペダル、パラメーターステアリング、スポーツサスペンションを装備する。さらに、アドバンストライトパッケージも標準装備した。

『C250クーペ』に代わり新たに導入された『C250クーペ シュポルト』は、メルセデスAMG社による専用チューニングを施したスポーツサスペンションやブレーキディスクを大径化した専用強化ブレーキシステムを採用。バイカラーの18インチAMG7ツインスポークアルミホイール、AMGトランクリッドスポイラーリップ、ブラックドアミラーなどにより、アグレッシブな印象を高めている。

『C63 AMGクーペ』は、安全性を向上する安全運転支援システム、レーダーセーフティパッケージを標準装備した。

また、『C63 AMG』に専用チューニングを施したパフォーマンスモデル『C63 AMG クーペエディション507』を追加した。

価格はC180クーペが450万円、C250クーペ シュポルトが598万円、C63 AMGクーペが1095万円、C63 AMG クーペエディション507が1220万円。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース