【F1 ハンガリーGP】DRS不正使用でフェラーリに罰金処分

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2013年 F1 ハンガリーGP  フェラーリ
  • 2013年 F1 ハンガリーGP  フェラーリ
  • 2013年 F1 ハンガリーGP  フェラーリ
  • 2013年 F1 ハンガリーGP  フェラーリ
  • 2013年 F1 ハンガリーGP  フェラーリ
ハンガリーGPのレーススチュワードからフェラーリに対して、1万5千ユーロの罰金が申し渡された。ブダペストのレース中にフェルナンド・アロンソが不正にDRSを使用した一件に対する処分である。

FIAテクニカルデリゲート、ジョー・バウアーは、アロンソがディテクションポイント通過時に前車との間隔が1秒以上開いているにも関わらずDRSを使用したデータがレース中に少なくとも3回残されていることを発見し、これをスチュワード側に通知していた。

ハンガリーGPのレーススチュワードは審議の結果、アロンソによる意図的な反則ではなく、チーム側のエラーが原因であり、なおかつこの行為によるメリットは軽微であったと判断した。

スチュワードの公式リリースから。

「フェラーリチームは、DRS表示システムシステムをプレレースモードからレースモードに切り替えることを怠った。このため、ドライバーには不正確な「DRS使用可」のメッセージが示され、これにしたがって3度の操作を行なったものである。チームはエラーに気付いた時点で直ちにドライバーに伝達し、チームから(無線で)指示された時以外はDRSを使用しないように指示している。

ただし、スポーツ上のアドバンテージが小さかったことと(レース全体で1秒に満たない)チームからはカーナンバー3が合法的に使用できる場合も使用しなかったというディスアドバンテージを受け入れたという弁明があった。これらを考慮しても、DRSシステムをレギュレーション通りに作動させる義務はチームに帰するものである」

結論として、アロンソが獲得したポイントと比較すれば、罰金など微々たるものだろう。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集