名鉄と西鉄、期間限定で交通系ICカード初のポイント連携キャンペーン実施…8月1日~9月1日

鉄道 企業動向
連携キャンペーンの内容。双方のエリアの加盟店などを利用するとポイントがたまる。
  • 連携キャンペーンの内容。双方のエリアの加盟店などを利用するとポイントがたまる。
  • manacaは名古屋地区の交通事業者が導入している交通系ICカード。写真の名鉄線も利用できる。
  • nimocaは西鉄が中心となって展開している九州北部地区の交通系ICカード。写真の西鉄線も利用できる。
名古屋鉄道(名鉄)と西日本鉄道(西鉄)は7月25日、「名鉄たまルン×nimocaポイント連携キャンペーン」を実施すると発表した。実施期間は8月1日から9月1日まで。

期間中、名古屋地区の交通系ICカード「manaca(マナカ)」と、福岡地区の「nimoca(ニモカ)」について、双方のエリアの電車やバス、加盟店で電子マネーを利用すると、それぞれのポイントが付与される。交通系ICカードによるポイント連携サービスは今回が初めてという。

対象カードは「名鉄たまルン」の会員登録が済んでいるマナカと、ニモカのうち会員登録が必要な「スターnimoca」、またはクレジットカード機能付きの「クレジットnimoca」。マナカで福岡地区のニモカ加盟店と交通事業者を利用すると、210円あたり1ポイントの名鉄たまルンポイントが付与される。一方、ニモカで飲料自動販売機を除く名鉄たまルン加盟店と名鉄線を利用すると、200円あたり1ポイントのニモカポイントが付与される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集