【ルノー ルーテシア 新型発表】1.2リッター直噴ターボを新開発、価格は199万8000円から

自動車 ニューモデル 新型車
新型ルノー・ルーテシア 発表会
  • 新型ルノー・ルーテシア 発表会
  • 新型ルノー・ルーテシア 発表会
  • 新型ルノー・ルーテシア 発表会
  • 新型ルノー・ルーテシア 発表会
  • 新型ルノー・ルーテシア
  • 新型ルノー・ルーテシア
  • 新型ルノー・ルーテシア
  • 新型ルノー・ルーテシア 発表会
ルノー・ジャポンは7月25日、新型ルノー『ルーテシア』を9月24日より発売すると発表した。

新型ルーテシアは、2010年のパリ・モーターショーで公開されたコンセプトカー『デジール』そのままの情熱的なデザインが、外観上の特徴となっている。

パワーユニットは新開発の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載。2リッタークラスに匹敵するトルクを発揮しながらも燃費性能に優れ、高効率エフィシェント デュアル クラッチ(EDC)と組み合わせることで、爽快な走りを実現している。

また、7色のボディカラーと内装カラー、ホイールカラーを組み合わせた「パック・クルール」や、内装パーツセットの「パック・デザイン」といったオプションにより、自分だけの1台をデザインすることができる。

価格は199万8000円から238万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集