次期型フィット、ハイブリッドはクラス最高燃費36.4km/リットルを達成

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
ホンダは、今年9月に発表・発売予定の新型『フィット ハイブリッド』において、36.4km/リットル(JC08モード)という国内最高の低燃費を達成したと発表した。

新型フィットハイブリッドは、小型車に最適な1モーターの軽量コンパクトなハイブリッドシステム「SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive(i-DCD、スポーツ・ハイブリッド・インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)」を初めて搭載するモデル。1モーターでありながらエンジンとモーターを切り離すことで、モーターのみのEV走行ができる。

SPORT HYBRID i-DCDは、楽しさと低燃費を高次元で両立させた新世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の一つ。アトキンソンサイクル(高膨張比サイクル)の直列4気筒1.5リッターエンジンに、高出力モーター内蔵の7速DCTと、リチウムイオンバッテリーを内蔵したIPU(インテリジェントパワーユニット)を組み合わせている。

また電力回生効率を高める電動サーボブレーキシステムと、エンジン負荷を低減するフル電動コンプレッサーなどを採用し、従来のIMAハイブリッドシステムに比べ、35%以上の燃費性能向上を図った。

走行状況に応じて、エンジンとモーターを接続・切断することで、モーターのみの「EVドライブ」、エンジンとモーターの「ハイブリッドドライブ」、エンジンのみの「エンジンドライブ」という3つの走行モードを自動的に選択する。

ハイブリッドモデルとして国内トップの燃費性能に加え、従来モデルを超える力強い加速Gと、リズミカルで伸びのある加速感により、ファンな走りを実現した。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集