GMの主力セダン、シボレー マリブ 新型…中国衝突テストで最高評価

自動車 テクノロジー 安全

新型シボレー・マリブ(北京モーターショー12)
  • 新型シボレー・マリブ(北京モーターショー12)
米国の自動車最大手、GMは7月17日、新型シボレー『マリブ』が中国の衝突安全テスト(C-NCAP)において、最高評価の5つ星を獲得したと発表した。

マリブは、もともとGMの米国におけるベストセラーセダン。トヨタ『カムリ』やホンダ『アコード』などと競合するミッドサイズセダンだ。

初代マリブは北米専用車だったが、2011年4月の上海モーターショー11でデビューした2代目は、世界6大陸、約100か国で販売されるグローバルカーとして開発。中国市場へは、GMと上海汽車の中国合弁、上海GMから発売されている。

この新型マリブが、排気量2.0リットルクラスの上級セダン8台とともに、C-NCAPの衝突安全テストを受けた。フロント、フロントオフセット、側面、追突の各テストの総合得点は、62点満点のところ55.1ポイント。とくに、側面と追突テストでは、最高得点となった。

この結果、新型マリブは、C-NCAPの総合評価で最高の5つ星を獲得。GMは、「新型マリブのボディシェルの73%は高張力スチール製。6エアバッグやサイドカーテンエアバッグも標準装備」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集