【プジョー 208 GTi 発売】205のDNAを引き継いだ証はCピラーのエンブレム

自動車 ニューモデル 新型車
プジョー・208 GTi(左)と、プジョー205GTi1.9
  • プジョー・208 GTi(左)と、プジョー205GTi1.9
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
  • プジョー・208 GTi
プジョー・シトロエン・ジャポンから導入が開始された、プジョー『208GTi』は、約30年前にデビューした『205GTi』からの伝統とDNAを受け継いだ、新たなイメージリーダーであるという。

208GTiの想定ユーザー層は、40代半ばから50代前半くらいだと話すのは同社広報室プジョーPR担当の英信司氏。「昔、205GTiや国産スポーティカーなどを好んでいた世代を考えています」と述べる。

ヘッドライトの“目尻”の部分をはじめ、フロントグリル、メーター内などにチェッカーフラッグをモチーフとしたデザインを配するほか、赤を基調としたメーター周りのLEDやインテリアトリムなどで、遊び心とスポーティさをアピールしている。

205GTiからのオマージュは、リアクオーターピラーにあるエンブレムだと英氏。「30年ほど間は開きましたが、205GTiの素晴らしいDNAを確実に表現している証しとして、リアクオーターピラーに、205GTiと同じようにGTiエンブレムを引き継いでいます」とした。
《内田俊一》
【画像】【プジョー 208 GTi 発売】205のDNAを引き継いだ証はCピラーのエンブレム(18枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース