水島臨海鉄道、キハ30など6両購入…2014年3月末から運行開始へ

鉄道 企業動向
久留里線で運用されていた頃のキハ30形(前)とキハ38形(後)の2両編成。このほどキハ30・37・38形6両が水島臨海鉄道に引き取られた。2014年3月末から運行を開始する予定。
  • 久留里線で運用されていた頃のキハ30形(前)とキハ38形(後)の2両編成。このほどキハ30・37・38形6両が水島臨海鉄道に引き取られた。2014年3月末から運行を開始する予定。
  • 幕張車両センター木更津派出(千葉県木更津市)の車庫に留置されていたキハ30 98(左)。
  • 久留里線で運用されていた頃のキハ37形(前)とキハ38形(後)。
  • 小櫃川を渡る久留里線時代のキハ38形2両編成。
  • 久留里駅に停車している普通列車。
水島臨海鉄道(岡山県倉敷市)は7月10日、JR東日本の久留里線で運行されていたキハ30形など気動車6両を購入し、同日13時7分、同社の倉敷貨物ターミナル駅に到着したと発表した。

倉敷貨物ターミナル駅に到着したのは、キハ30形2両(キハ30 98、キハ30 100)とキハ37形3両(キハ37 2、キハ37 1002、キハ37 1003)、キハ38形1両(キハ38 1003)。これら6両は千葉県の久留里線で運用されていたが、2012年12月1日に新型のキハE130系100番台が同線に導入されたことから、営業運転を終了していた。

同社は今後、6両のリフレッシュを行い、2014年3月末から運行を開始する予定としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • JR東日本、羽越特急「いなほ」をE653系に更新…秋から順次投入 画像 JR東日本、羽越特急「いなほ」をE653系に更新…秋から順次投入
  • JR東海、キハ25の改良モデル52両を導入 画像 JR東海、キハ25の改良モデル52両を導入
  • 関東鉄道、キハ5000形増備の記念イベント開催 画像 関東鉄道、キハ5000形増備の記念イベント開催
  • 関東鉄道、常総線のキハ5000形を増備 画像 関東鉄道、常総線のキハ5000形を増備

特集