ホンダ、英ミルトンキーンズにF1欧州活動拠点を設立

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ホンダF1復帰発表のようす
  • ホンダF1復帰発表のようす
  • ホンダF1復帰発表、本社前のようす
ホンダは7月11日、英国バッキンガム州ミルトンキーンズに、欧州におけるF1の活動拠点を構えると発表した。

ホンダはF1世界選手権に、パワーユニットサプライヤーとしてマクラーレンとのジョイントプロジェクトのもと、2015年から参戦する。

今後、ホンダは同拠点を基盤として、欧州でのF1レース活動における体制を構築し、2015年シーズンからの参戦に向けた準備を進めていく。本田技術研究所 四輪R&Dセンター(栃木)で開発されたエンジンを含めたパワーユニットのリビルドやメンテナンス、サーキットサービスを同拠点で行っていく。

なお、この拠点は、M-TECの英国子会社・MUGEN EUROがミルトンキーンズに構える新社屋内に設置され、ホンダのF1をはじめ、WTCCなど欧州におけるモータースポーツの活動拠点としての役割を担い、2014年6月の稼働開始を予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集