京成、京成八幡駅の改札窓口を移設…初のウォークインタイプ

鉄道 企業動向

移設後の京成八幡駅改札窓口のイメージ。京成の駅では初めてウォークインタイプを採用する。
  • 移設後の京成八幡駅改札窓口のイメージ。京成の駅では初めてウォークインタイプを採用する。
  • 移設前(下)と移設後(上)の平面図。移設後の改札窓口は京成成田方に設けられる。
京成電鉄は6月28日、京成八幡駅の改札窓口を移設し、7月6日始発から使用を開始すると発表した。同駅の耐震補強とリニューアル工事の一環で、改札窓口と合わせて駅長室と券売機室も移設する。

移設後の改札窓口は周囲がガラス張りのウォークインタイプとなり、「見通しが良く開放感のある駅施設」になるという。同社の駅にウォークインタイプの改札口が設置されるのは今回が初めて。

京成八幡駅ではリニューアル工事が順次進められており、5月25日からは都営地下鉄新宿線本八幡駅への乗り換え経路を切り替え、エスカレーターを利用できる範囲が広がったほかエレベーターも利用できるようになった。9月には京成本社が京成八幡駅の隣接地に移転する予定。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集