三菱重工と東芝、台湾高速鉄道の南港延伸プロジェクトを受注…2016年3月開業予定

鉄道 企業動向

台湾高速鉄道で運用されている700系ベースの700T形。
  • 台湾高速鉄道で運用されている700系ベースの700T形。
  • 台湾高速鉄道の台北駅。ここから南港まで約9km延伸する工事が進められている。
三菱重工業と東芝は6月24日、台湾高速鉄路から台湾高速鉄道の南港延伸プロジェクトをターンキー契約で受注したと発表した。

現在の台湾高速鉄道は台北市内中心部の台北駅から南下し、高雄市内中心部のやや北側に位置する左営駅までの345kmを結んでいる。両端の台北市内と高雄市内で延伸計画があり、このうち台北市内の延伸計画は台北駅から台湾鉄路縦貫線に沿って東に進み、南港駅までの9.2kmを結ぶ。開業は2016年3月を予定している。

今回、三菱重工と東芝が受注したのは未着工部分の約5km。三菱重工はプロジェクト全体の取りまとめのほか、軌道設備と電車線(架線)設備、データ伝送システムや電話、監視テレビなどのシステムを担当する。東芝は高速鉄道の指令系統である列車運行管理システムや保守作業管理システムを統括し、列車や沿線への電力供給システム、列車無線や旅客案内などのシステムを担当する。受注額は約200億円。

台湾高速鉄道は最初の区間である板橋~左営間が2007年1月に開業し、同年3月には台北~板橋間も開業した。車両は東海道・山陽新幹線の700系をベースにした700T形が運用されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集