【ルマン24時間 2013】11時間経過…トップ、アウディ2号車は165周

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ルマン24時間2013
  • ルマン24時間2013
  • ルマン24時間2013
11時間が経過し、現地時間は午前2時を迎えた。闇の中をマシンが疾走する。

1位のアウディ2号車はマクニッシュに、2位トヨタ8号車はデビッドソンに、それぞれドライバーチェンジ。また、3位トヨタ7号車はラピエール、4位アウディ3号車もジャービスにと、上位4台全てが交代した選手でレースを続けている。

一方、フェラーリ『458 イタリア』(GTEプロ)に乗車する小林可夢偉は144周目でベストラップ3分57秒266を更新した。

その後、HVMステイタスGP30号車(LMP2)がクラッシュし、再びセーフティーカーが入っている。
《吉田 瑶子》

編集部おすすめのニュース

特集