フォードと江鈴汽車、中国に新工場を開業

自動車 ビジネス 企業動向

フォードモーターと江鈴汽車の中国新工場開所式
  • フォードモーターと江鈴汽車の中国新工場開所式
米国自動車大手のフォードモーターと、中国合弁の江鈴汽車(JMC)は6月20日、中国江西省の南昌市に新工場を開業した。

江鈴汽車は中国の中堅商用車メーカー。フォードモーターとは1995年、合弁契約を締結した。1997年から、小型商用車の『トランジット』を現地生産している。

また、フォードモーターは2012年4月、江鈴汽車との合弁会社への出資比率を、30%から31.5%へ拡大。いっそう緊密な関係を築いたばかり。

今回、フォードモーターと江鈴汽車は、中国江西省の南昌市に新工場を開業。最初の量産車として、トランジットがラインオフしている。

新工場の開所式には、フォードモーターのアラン・ムラリー社長兼CEOが出席。同社長兼CEOは、「江鈴汽車は中国における偉大なパートナー。パートナーシップの拡大に興奮している」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集