エアバス、シンガポール航空の最高50機のA350 XWBの最終決定を発表

航空 企業動向

シンガポール航空A350-900
  • シンガポール航空A350-900
  • シンガポール航空A350-900
シンガポール航空(SIA)は、エクストラ・ワイドボディーの『A350』ファミリー(A350XWB)のひとつ、A350-900を30機、さらにオプションとして20機の注文を決定したことを公表した。

オプションの契約ではベースラインのA350-900にするか、より多くの乗客を収容できるA350-1000にするかを選択できる。

これはシンガポール航空にとって、3度目のA350 XWBの注文となる。

「我々はA350 XWB飛行テストが始まると共に、シンガポール航空からの受注を発表することを喜んでいる。この機体は、中型ワイドボディーの市場に効率性と快適性の両面で大きな変化をもたらすものだ」とエアバスの顧客部門COO、ジョン・リーヒー氏は語った。

A350 XWB(エクストラ・ワイドボディー)は最新の中型長距離飛行製品ラインで、3つのバージョンを統合し、典型的な3つのクラスのレイアウトで270から350座席のシートを持つ。

A350 XWBの広範囲の飛行テストプログラムが、先週の最初の飛行テストの成功を追って、現在実行されようとしている。最初の顧客の航空機の商用サービスへの導入は、2014年の後半に予定されている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集