フォード、インドを エコスポーツ 生産の中心に

エマージング・マーケット インド・南アジア

フォードはインド・チェンナイ工場に、新しい生産ラインを用意するために1億4200万ドルを投資した。

同社のコンパクトカー、『フィーゴ』はチェンナイ工場から38か国以上の国々へ輸出されている。

フォードの代表、アラン・ムラーリー氏はチェンナイにて「インドはすぐにフォードのコンパクトSUV車生産の中心地となるだろう。車の販売において大きな市場というだけでなく、生産においてもすばらしい場所。今後はよりよいデザインで燃費、安全も追求した快適な車をインドから生産、輸出していく」と語った。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集