ドリック・リース・コープがエアバスからA380を20機購入

航空 企業動向

エアバスは、パリ国際航空ショーで、ドリック・リース・コープがA380を20機購入する覚書(MOU)を締結したと発表した。

覚書はドリック・リース・コープのマーク・ラピドス最高経営責任者(CEO)とジョン・リーヒー最高業務責任者(COO)の間で交わされた。

ドリック・リース・コープは、広胴型機の大手リース会社であり、A380リース機のアセットマネジメント大手。A380のリースサービスでは、豊富な経験を持つ。

今回の契約で調達するA380についても、オペレーティング・リースを選択する世界中の航空会社に、A380を活用できる機会を提供するとしている。

ドリック・リース・コープは現在、セールリースバック取引による18機のA380を含む60億米ドル相当の航空機を管理している。

A380は2007年に初号機が就航してから、現在世界9社の航空会社が運航している。ノンストップで1万5700キロを飛行することが可能で、環境に配慮しながらコストを抑えより多くの乗客を運ぶことができる。

これまでに約11万回の商業飛行を行い、飛行時間は92万時間以上。世界中の4000万以上の人々を運んでいる。6分毎に世界中の30空港のどこかで離陸または着陸を行っていることになる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集