【MotoGP 第6戦】ホンダ、ペドロサは2位で5戦連続表彰台

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

6月16日、MotoGP第6戦・カタルニアGPの決勝がカタルニアサーキットで開催され、ダニ・ペドロサ(ホンダ)は2位で5戦連続表彰台を獲得した。

決勝は最高気温が31度まで上昇、路面温度も52度まで上がり、レースウイークを通じて、最も厳しいコンディションとなった。24台の出場に対して完走は16台。序盤から転倒車が続き、予選4番手のアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini)、2番手のカル・クラッチロー(ヤマハ)、5番手のニッキー・ヘイデン(ドゥカティ)などが転倒リタイアとなった。

第2戦アメリカズGPから5戦連続で表彰台に立ったペドロサは、好スタートを切ったホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)をピタリとマーク。しかし、高い気温と路面温度の中で、タイヤのグリップと格闘。ロレンソをパスすることができず2位でフィニッシュした。しかし、ミスもなくしっかりと20点を獲得、総合首位をキープした。

予選6番手から好スタートを切って、オープニングラップで3番手につけたマルク・マルケス(ホンダ)は、今大会も学習能力の高さを発揮。フリー走行、予選、ウォームアップでは、ロレンソとペドロサにかなわなかったが、決勝レースでは、何度もミスをして遅れても、そのたびにペースを上げてリカバリー、3位でフィニッシュした。今大会は、前を走る2人を一度もパスすることはできなかったが、今季6戦で4度目のファステストラップをマークする速さを披露した。

6戦を終えて、ペドロサは123点を獲得して総合首位をキープ。前戦イタリアGPで転倒リタイアに終わったマルケスは、今シーズン5度目の表彰台に立ち、93点で総合3位をキープ。Repsol Honda Teamの両選手がそろって表彰台に立つのは、今季4度目となった。

■MotoGP 第6戦(カタルニア)
1位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)
2位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)
3位:マイク・マルケス(ホンダ)
4位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
5位:ステファン・ブラドル(ホンダ)
6位:ブラドリー・スミス(ヤマハ)

■ポイントスタンディング
1位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)123P
2位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)116P
3位:マイク・マルケス(ホンダ)93P
4位:カル・クラッチロー(ヤマハ)71P
5位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)60P
6位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)59P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集