【INDYCAR 第9戦】ブリスコー、ミルウォーキーのレース終了数時間後にルマン参戦

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ライアン・ブリスコー
  • ライアン・ブリスコー
  • ライアン・ブリスコー
  • ライアン・ブリスコー
ライアン・ブリスコーは、ミルウォーキー・インディフェストのレース終了後、数時間にフランスで行われるル・マン24時間レースに参加することとなった。

彼はフランスからミルウォーキーに、6月13日に到着した。

「旅程はそれほど悪くはなかった。それはそれほど大きな違いではなかったし、フライトは西海岸に行くのとほとんど同じだった」とブリスコーは語った。

ブリスコーは19位で予選を通過し、他のドライバーのグリッドスポットペネルティーの為に18番手からのスタートとなる。

「ここで走るチャンスがもらえて素晴らしい。そして望むことなら多くの事で助けをくれるナショナル・ガード・パンサーの連中ともう少し馴染みたいね。僕達は市街地コースと今回はオーバルを一緒に走って、色々なことを学んでいる。明らかにオフシーズンで一緒に準備をすることは大切だが、そこには僕達がこなした色々なカードがある」

「僕にとってこれは、家で座って見ているよりもよほどましだ。だから僕はパンサーで得た機会にとても感謝している」とブリスコーは付け加えた。

先週、テキサス・モーター・スピードウェイでNo.4の車を運転し、さらに次週にアイオワ・スピードウェイで同じクルマを運転するオリオール・セルビアは、「僕はアイオワが大好きさ。なぜならそこにいる人々はこのレースを愛し、とても深い知識を持っているからだ。2011年には最後のストップまで優勝を争い、昨年も僕らはとてもいいレースが出来ていた。このトラックは僕らととても相性が良く、再び走れることをとても楽しみにしている」と語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集