【日産 デイズ 発売】ノーマルは“ハンサム”、ハイウエイスターは“ちょいワル”

自動車 ニューモデル 新型車

日産・デイズハイウエイスター
  • 日産・デイズハイウエイスター
  • 日産・デイズ
  • 日産・デイズハイウエイスター
  • 日産・デイズ
  • 日産・デイズハイウエイスター
  • 日産・デイズ
日産自動車から発売された軽自動車『デイズ』は、ノーマルとハイウエイスターの2種類のバリエーションがある。

ノーマルのデザインについて、日産自動車グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部デザイン・ダイレクターの倉岡亨一さんは、「ハンサム顔。すっきりして洗練され、あまり好き嫌いがはっきり出ないようにデザインしました」と話す。

具体的には、グリルの下に取り付けたメッキモールを、ヘッドランプの下までつながることで、すっきりとした顔立ちを演出。また、ヘッドランプの形もグリルとのつながる部分を“く”の字型にすることでグリルを幅広く見せる工夫をした。倉岡さんは、「グリル幅を大きく見せることで、小さいクルマを、大きく見えるようにしています」と述べる。同じ考え方はハイウエイスターにも用いられ、グリル下端をヘッドランプの下に入り込ませることでグリルを立派に見せるデザインが取られている。

ハイウエイスターは、「ちょっと悪そうな感じ。日産のハイウエイスターシリーズは『エルグランド』から始まり『セレナ』などがあります。その末っ子のような表情をつくりました」とする。特に、デザインするうえでは、「ハイウエイスターの方が(ノーマルよりも)存在感のあるような顔にするために、ボンネット部分の先端の位置を30mmほど高くしています。分厚くてどっしりと、堂々としたイメージでデザインしました」と説明した。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集