国土交通省、コンテナターミナルでの渋滞解消へ…「予約制」導入に向け実証実験

船舶 行政

国土交通省「コンテナ搬出入予約制」のプレ実証実験
  • 国土交通省「コンテナ搬出入予約制」のプレ実証実験
  • 国土交通省「コンテナ搬出入予約制」のプレ実証実験
  • 国土交通省「コンテナ搬出入予約制」のプレ実証実験
国土交通省は、コンテナターミナル周辺の渋滞解消対策として、ITを活用した効率的なコンテナ搬出入の実現を目指し、横浜港で「コンテナ搬出入予約制」の導入に向けたプレ実証実験を行う。

国際コンテナ戦略港湾である京浜港では、国際競争力の強化と背後圏物流の高度化に向けた取り組みを進めているが、コンテナターミナルの周辺では、国際海上コンテナ輸送車両の渋滞が恒常的に発生しており、早急な対策が求められている。

コンテナターミナル周辺の渋滞解消対策は、これまでもコンテナターミナルの容量拡大と処理能力の向上、ゲート前ウェブカメラ映像の提供など、取り組みを総合的に進めてきている。今回、ITを活用した効率的なコンテナ搬出入の実現を目指し、横浜港で「コンテナ搬出入予約制」の導入に向けたプレ実証実験を行う。

予約システムでは、予約時間帯(上限台数なし)を設定し、トラック事業者は、予約システム上で、前日までにコンテナの搬出入を予定する時間帯に予約を入れる。

予約車は、当日予約した時間帯にコンテナターミナルに到着、トラックが待機レーンに入る前に、警備員が予約車と非予約車に仕分けする。

トラックが待機レーンから出る際、警備員が予約車を優先的にゲートに誘導する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集