日産、リクルートと提携し、外部研修サービスを開始

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車 カルロス・ゴーン社長(参考画像)
  • 日産自動車 カルロス・ゴーン社長(参考画像)
日産自動車は、リクルートマネジメントソリューションズと、日産の社内課題解決プログラム「V-up」を活用した研修サービスに関する業務委託契約を締結した。

「V-up」プログラムは、2001年から12年間にわたり、日産の社内課題解決プログラムとしてグローバルに活用しており、日産の経営計画達成に貢献しているマネジメントツール。同プログラムは、さまざまな部署の社員の参加によりクロスファンクショナル・チームを編成し、社員自らが部署の壁を乗り越えて、最適な課題解決策を短期集中で検討することを特徴としている。

研修サービスは、日産が12年間の経験と実績で培ったノウハウを、他企業の課題解決の一助となるよう、広く他企業に向けて展開していくことが目的。今回、人材開発や組織開発の研修サービスに強いリクルートマネジメントソリューソンズと連携することで、幅広いニーズに対応していく。日産は、社内研修に準拠したカリキュラムの提供と、同プログラムに精通した社員を講師として派遣。リクルートマネジメントソリューションズは、「日産V-up課題解決研修」として営業と販売を担当する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集