米GM、スマートフォンで車両のドアロックやエンジン始動を可能に…2014年型に標準装備

自動車 テクノロジー ネット

GMが米国向け主要2014年モデルに標準装備したリモートリンク・キーFob
  • GMが米国向け主要2014年モデルに標準装備したリモートリンク・キーFob
  • シボレー・ボルト
米国の自動車最大手、GMは6月5日、スマートフォンからの遠隔操作で、車両のドアロックを解除したり、エンジン始動が行えるシステムを、2014年モデルの主要車種に標準装備すると発表した。

このシステムは、米国でGMの車載テレマティクス、「オンスター」を契約している車両に、5年間無料で提供されるサービス。「リモートリンク・キーFob」と命名された新サービスは、2014年モデルのシボレー、ビュイック、GMC、キャデラックの合計36車種に設定される。

顧客は自身のスマートフォンに、専用アプリケーションをダウンロード。そうすれば、スマートフォンの画面操作で、車両のドアロック&アンロック、ヘッドライトの点灯、クラクションの作動、エンジン始動が可能になる。

GMによると、オンスターの契約者から毎月6万回以上、車両のドアロックを遠隔操作で解除して欲しいとの要請を受けるという。

GMは2010年、シボレーブランドのプラグインハイブリッド車、『ボルト』の顧客用に「リモートリンク」のアプリケーション提供を開始。以来、GMの全ブランドに拡大展開し、アプリケーションのダウンロード回数は150万回以上、32万人以上がこのサービスを利用している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集