【WMX 第8戦】ヤマハ、ローランツはアクシデントで総合15位

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

モトクロス世界選手権シリーズ第8戦は、6月9日、フランス・エルネで開催。モンスター・エナジー・ヤマハのジョエル・ローランツはMX1クラス総合15位に終わった。

エルネ・サーキットはコース幅の狭い難コース。ローランツは前日にコースアウトを喫し、肘を負傷するというアクシデントに見舞われていた。決勝はこの時期としてはかなり涼しいコンディションの中、3万9000人のファンを集めて行われた。

第1ヒート、スタートに失敗したローランツだが、多くのポイントを得るべく、危なげなく周回を重ねて16位でフィニッシュ。続く第2ヒートでも満足なセッティングができていなかったローランツはトップグループに食い込むことができず、14位でレースを終えた。

また、チームメイトのスティーブン・フロサードがエルネのパドックに姿を見せた。負傷した右膝について次週再びスキャンを受け、復帰の第1ヒートで16位、第2ヒートで14位に入った。

■WMX MX1 レース1
1位:ゴーティエ・ポーリン(カワサキ)
2位:アントニオ・カイローリ(KTM)
3位:クレメン・デサール(スズキ)
4位:ジェレミー・バン・ホービーク(カワサキ)
5位:ケン・デダイカー(KTM)
6位:ダビド・フィリッパーツ(ホンダ)

■WMX MX1 レース2
1位:アントニオ・カイローリ(KTM)
2位:クレメン・デサール(スズキ)
3位:トミー・サール(カワサキ)
4位:ゴーティエ・ポーリン(カワサキ)
5位:ケン・デダイカー(KTM)
6位:ジェレミー・バン・ホービーク(カワサキ)

■2013 WMX ポイントランキング
1位:アントニオ・カイローリ(KTM)377P
2位:ゴーティエ・ポーリン(カワサキ)321P
3位:クレメン・デサール(スズキ)309P
4位:ケン・デダイカー(KTM)277P
5位:ケビン・ストライボス(スズキ)243P
6位:トミー・サール(カワサキ)239P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集