「平泉」ナンバー導入へ、岩手県に要望書提出

自動車 社会 行政

平泉ナンバー、住民アンケート
  • 平泉ナンバー、住民アンケート
  • 平泉ナンバー、住民アンケート
「平泉ナンバーを実現させる会」は、2月に国土交通省から発表されたご当地ナンバー(第2弾)導入要綱に基づき、6月6日に「平泉」ナンバー導入に関する要望書を岩手県に提出したと発表した。

平泉ナンバーを実現させる会は、一関市、奥州市、金ケ崎町、平泉町の商工団体、観光団体、行政の19団体で構成。4月23日から5月12日まで、「平泉」ナンバー導入に関する住民アンケート調査およびタクシー協会、トラック協会など自動車関連団体に対する意向確認調査を実施。アンケート回収者の過半数を大きく超える人々から賛同を得たことを踏まえ、要望書を提出した。

今後、岩手県が東北運輸局を通じて、国土交通省に対し「平泉」ナンバー導入に関する要望書を提出し、7月に国土交通省が開催を予定している審査会を経て、導入が決定されれば、2014度中にも「平泉」ナンバーが誕生する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集