京王、井の頭線東松原駅のアジサイをライトアップ…6月24日まで

鉄道 企業動向

ライトアップされた東松原駅のアジサイ(2010年6月23日撮影)。
  • ライトアップされた東松原駅のアジサイ(2010年6月23日撮影)。
京王電鉄は6月7日、井の頭線東松原駅(東京都世田谷区)の線路脇に植えられたアジサイのライトアップを行うと発表した。期間は6月10日から24日まで。同時にヘッドマーク付き列車も運転する。

同社は環境保全の一環として、1990年から井の頭線の線路脇にアジサイやサザンカ、ツツジなどを植栽している。降雨時の雨水流入による斜面崩壊を防止するとともに、「各季節ごとに咲きそろう草花をお客様に楽しんでいただくことを目的」にしているという。

ライトアップは2001年から実施しており、今年で12回目。期間中の19時から21時30分まで、東松原駅構内の上り線側斜面に植えられたアジサイをライトアップする。ヘッドマークはライトアップ期間中、井の頭線で運用されている1編成に掲出する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集