【日産 デイズ 発売】マーチやノートの次期型をデザインする意気込みで取り組んだ

自動車 ニューモデル 新型車

日産・デイズ
  • 日産・デイズ
  • 日産・デイズハイウエイスターと日産自動車商品企画本部日本商品企画室リージョナルプロダクトマネージャーの安居理進氏
  • 日産・デイズハイウエイスター
  • 日産・デイズ
  • 日産・デイズハイウエイスター
  • 日産・デイズハイウエイスター
日産自動車が企画から関わった初の軽自動車『デイズ』が発売された。日産のデザイン陣は、いままでの軽とは違うデザインを実現するために、ワールドカーである『マーチ』、『ノート』の次期型を開発する意気込みで取り組んだという。

日産自動車商品企画本部日本商品企画室リージョナルプロダクトマネージャーの安居理進氏によると、ノーマルのデイズは「角々し過ぎないヘッドランプとクリーンなバンパーにより、ハンサムな顔に仕上げました。ボディサイドは立体感のあるキャラクターラインを交差させることにより、ボディに動きを与えています」と特徴を語る。

ハイウエイスターは、「キセノンヘッドランプと大きなメッキグリルを合わせたT字型の顔に加え、ボクシーでワイドなバンパーによりスポーティさ、精悍さを表現しています。さらに、バンパーの下端を下げることと、サイドシルスポイラーにより、全体として安定感のあるどっしりとしたエクステリアを実現しているのです」と話す。

インテリアの特徴を安居氏は、「センターにタブレット型のパネルを配置し、インストパネルは弓なりにしたことで広々感を表現しています」と述べる。シートついても、「後席はクッション前端をオットマンふうに傾斜させ、全体としてゆったりとした空間を演出しています」。ハイウエイスターについては、「エボニーカラーを使うことによりパーソナル感、スポーティ感を表現。さらにブルーメーターを使うことにより空間全体を上質に演出しています」とした。

《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集