ボルボ C30、6年の歴史に幕…最終モデルが英国で争奪戦に

自動車 ビジネス 企業動向

ボルボC30の最終モデル
  • ボルボC30の最終モデル
  • ボルボ C30
スウェーデンのボルボカーズが2012年をもって生産を終了し、現在は在庫販売状態の『C30』。同社の英国法人が、最後の1台となるC30をプレゼントするという企画を発表し、話題となっている。

C30は2006年秋、パリモーターショーでデビュー。3ドアハッチバックボディをまとったボルボカーズの新たな入門車として登場した。ボルボカーズにとっては、若い顧客の獲得を狙ったモデルだった。

しかし、ここ数年、販売は低迷。ボルボカーズは2012年3月、ジュネーブモーターショー12において、5ドアハッチバックの新型『V40』を発表。この新型V40がC30を統合する形となり、C30は2012年内をもって生産を終了している。

ボルボカーズUKは6月3日、最後のC30をプレゼントする内容の特設サイト、「LastEverC30.co.uk」を立ち上げて、Twitterコンペティションへの参加者を募集。最終モデルのC30が、6月13日、スウェーデンから英国へ向けて出発。6月15日、特設サイトに掲示された4つのヒントを頼りに、英国内に到着したC30の正確な現在位置を見極め、現場に最初に到着した参加者にC30がプレゼントされるという。

なおこのC30は、「Rデザイン」仕様。ボディカラーはホワイトで、「ポールスター」のアップグレードパーツが装着された1台となる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集