マツダ、マレーシアにおける現地組立体制を強化…年間2万台規模を目指す

自動車 ビジネス 企業動向

車両組立工場の完成予想図
  • 車両組立工場の完成予想図
  • マツダ CX-5
マツダは6月5日、現地組立体制の強化策として、マレーシアの生産販売統括会社「マツダ・マレーシア」によるイノコム社所有のマツダ車専用車体工場の取得および車両組立工場の建設について、発表した。

マツダ車専用の車体工場は、マツダ・マレーシアが所有権を取得する前提で、イノコム社が同社敷地内(ケダ州クリム)に建設し、2013年4月より操業している。今回、マツダ・マレーシアが所有権を取得することで、マツダによる生産計画や品質管理などを柔軟に対応・反映することが可能となる。なお所有権の取得は、2013年中を予定している。

また車両組立工場は、マツダ・マレーシアの工場として、車体工場と同じ敷地内に2013年5月下旬に着工しており、来年春に完成・稼働する予定。完成後は、現在イノコム社の工場で組み立てている『CX-5』を移管する計画。

なお、これらの現地組立体制の強化に伴い、合計で約1億リンギット(約30億円)を投資し、将来的には市場動向や生産車種の拡大などにより、年間2万台規模の生産を目指していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集