スズキの2012年度リサイクル実績、ASR再資源化率95.5%

自動車 ビジネス 企業動向

スズキは6月3日、自動車リサイクル法に基づき、2012年度(2012年4月~2013年3月)の特定再資源化物品(自動車シュレッダーダスト:ASR、エアバッグ類、フロン類)に関する再資源化等実績を公表した。

2012年度の実績は、ASRの取引量は4万5655.7t、取り扱った使用済み自動車は37万9102台だった。再資源化率は実質値95.5%となり、2010年度~14年度の法定基準値である50%を上回った。

エアバッグ類は、11万8512台(43万1295個)を引取り、再資源化率は93.3%、法定基準値85%を達成した。フロン類の回収量は8万4755.0kg、取り扱った使用済み自動車は30万8583台だった。

再資源化に要した費用は総額23億3508万円、資金管理法人から払い渡しを受けた預託金は25億5748万円で、全体収支は2億2240万円の黒字となった。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集