【エルズベルグロデオ13】予選後の田中太一「めっちゃ怖かったですね」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

予選を走る田中太一
  • 予選を走る田中太一
  • 6速全開のコースなのだ
  • 田中太一のマシンについていた雪の深さが、物語る
  • 名物のアイゼンナーツでのパレード
DAY2、予選を終えた田中太一。リザルトはまだ出ていないが、決勝で1列目に並べることはほぼ決定とみて間違いないだろう。

「ふもとには、雪が残っていませんでしたが、上って行くにつれて次第に雪が深くなっていきました。大きなミスもなく、しっかり攻め切れたと思います。ゴール付近は50cmくらいの積雪です。だいたい、そんな状況のダートを今日でも時速130~140kmくらい出てたんではないかと思いますね」

「コーナーによっては、アクセルを戻さないくらいのワイドなコースです。そんなところに雪が積もっていて、どの程度雪が滑るのかわからない。だから、その雪の上に乗っかったときにどんな挙動をしめすかさえわからず、ただ全開にし続けます。とても怖いです。無事に帰ってこれたこと、そのことが価値があります」

「明日は予選がキャンセルになりましたから、今から(およそ15:00)チームクルーに決勝のマシンセットアップについて伝えてきます。サスや、シートでローダウンしたり、タイやの選択をしたりと、忙しい一日になるでしょう。また、明日で雪が溶けるなんてこともなさそうですから、明後日の決勝は今までよりさらにタフになることが予想されます」と田中はコメント。

宇宙一ハードなエンデューロといわれるこのエルズベルグロデオは、おそらく史上最難の年になるとみてよさそうだ。
《稲垣 正倫》

編集部おすすめのニュース

特集