アルパイン、車種専用・大画面カーナビに新製品…新たに14車種対応

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
アルパイン・ビッグX EXシリーズ
  • アルパイン・ビッグX EXシリーズ
  • アルパイン・ビッグX EXシリーズ
アルパインは、車種専用大画面AVナビ「ビッグX EXシリーズ」の新製品として 14車種の専用モデルと、8型大画面車種専用モデル、ビッグXシリーズの新製品「X008Vシリーズ」の車種専用モデルを発表。6月下旬より、販売を開始する。

新ビッグX EXシリーズは、純正コンソールと一体化したフラットで美しい装着というこれまでの特長を継承。目的地や現在地、視聴中のAVメディアのボリュームアップ/ダウンといった使用頻度の高い操作キーを車種ごとに新たにデザイン。使いやすさとともに、コンソールと一体化した美しい装着を実現している。

今回ビッグX EXシリーズは、対応車種を大幅に拡大。9型大画面は、トヨタ『プリウスα』『プリウス』『エスティマ』、ホンダ『ステップワゴンスパーダ』の各専用モデルにも搭載し、さらに8型画面を搭載した日産『セレナ』、トヨタ『アクア』向けの専用モデルをラインアップ。ハイブリッド車にも対応し合計で14車種の新たなモデルをラインアップする。

また、8型大画面「ビッグX シリーズ」にも新製品「X008Vシリーズ」を設定。55車種の専用モデルをラインアップする。

両シリーズは、後席のみでDVDビデオの再生が行える 「リア独立DVD再生」機能を搭載するほか、スマートフォン専用アプリ「家族のおでかけ検索」に対応。子育て家族のドライブをサポートする各種機能を装備する。

価格はオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集