ルノー、メガーヌ ルノー・スポール専用の軽量鍛造アロイホイールを発売

自動車 ビジネス 国内マーケット
メガーヌ ルノー・スポール専用軽量鍛造アロイホイール「RSF01」
  • メガーヌ ルノー・スポール専用軽量鍛造アロイホイール「RSF01」
ルノー・ジャポンは、レーシング&スポーツホイール設計家、ロベルト・マルケジーニ氏がデザインした『メガーヌ ルノー・スポール』専用軽量鍛造アロイホイール「RSF01」を、5月16日から、ルノー・スポール スペシャリストディーラーで販売を開始した。

ロベルト・マルケジーニ氏は、特にオートバイの世界で著名なレーシング&スポーツホイール設計家。1960年より、マグネシウムホイールで有名なカンパニョーロ社にてキャリアをスタート。その後自身の名前を冠した「マルケジーニ」を設立し、二輪レースの最高峰MotoGPで活躍を続けている。

RSF01は、剛性と軽量化を高いレベルで両立するために、製造方法は鍛造製法を採用。JWL基準を120%でクリアし認可を得ているほか、90度衝撃試験もクリア。高い剛性を達成しながら、重量はノーマル比-3.3kgの8.35kgと、軽量化も併せて達成している。

価格は1本7万3500円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース