小型二輪車新車販売台数が16カ月連続プラス…4月

モーターサイクル 企業動向
全国軽自動車協会連合会が発表した4月の小型二輪車の新車販売台数は、前年同月比4.9%増の7999台と16カ月連続で前年を上回った。

ブランド別では、シェアトップと2位のホンダとカワサキが前年を割り込んだものの、スズキとヤマハ発動機が前年を上回った。

ホンダは同5.8%減の2143台とマイナスだったものの、シェアトップとなった。2位のカワサキは同2.4%減の1571台だった。

3位のヤマハは同9.3%増の932台と順調だった。4位のスズキは同22.7%増の908台と高い伸び率だった。

また、輸入車が好調でその他は同13.6%増の2445台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 3月の小型二輪車新車販売、15カ月連続プラス…スズキとヤマハが急増 画像 3月の小型二輪車新車販売、15カ月連続プラス…スズキとヤマハが急増
  • 軽二輪車新車販売、12カ月連続プラス…3月 画像 軽二輪車新車販売、12カ月連続プラス…3月
  • 小型二輪車新車販売台数、14カ月連続プラス…輸入車とスズキ、ヤマハが好調 画像 小型二輪車新車販売台数、14カ月連続プラス…輸入車とスズキ、ヤマハが好調

特集

おすすめのニュース