【全日本MX 第3戦】ホンダ、小方誠がランキングトップに浮上

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

IA1 小方誠選手の走り
  • IA1 小方誠選手の走り
  • IA1 表彰式
  • IA1 成田亮選手の表彰台
  • IA1 成田亮選手の走り
  • IA1 成田亮選手の走り
  • IA1 成田亮選手の走り
  • IA1 成田亮選手
  • IA1 小方誠選手の表彰台
全日本モトクロス第3戦が5月12日、世羅グリーンパーク弘楽園(広島県)で開催、IA1(450/250)で小方誠(ホンダ)が総合優勝でランキングトップに浮上した。

ヒート1、小方がホールショットを奪い、1周目をトップでクリア。成田亮(ホンダ)はやや出遅れて、7番手で2周目に入った。序盤、小方は後続をじわじわと引き離す。成田は順調な追い上げを見せ、レース中盤で2番手となった。

レース中盤時点で、小方と成田の差は約6秒。成田は、徐々に小方の背後へと接近し、後半に入ってテール・トゥ・ノーズとなった。その後、成田は小方の攻略に成功。レース時間が残り5分を切った段階でも、両者は接戦を繰り広げたが、最後は成田がわずかに小方を引き離してゴール。成田が優勝、小方が2位となった。

ヒート2では、成田がホールショット。小方は出遅れ、1周目を8番手でクリアした。レース序盤、小方は積極的なパッシングを続け、わずか5周で2番手まで浮上。しかし成田は、ペースが上がらず順位を下げ、3番手での走行が続いた。

トップを走るのは平田優(ヤマハ)。小方は激走を見せるが、その差はレースが後半になると、拡大。そのまま、レースは平田が優勝、小方は2位、成田は10位でチェッカーを受けた。

この結果、両ヒートの総合成績では小方がトップとなり、ポイントランキングでは成田を逆転して6ポイント差の首位に立った。

■IA1 ヒート1
1位:成田亮(ホンダ)
2位:小方誠(ホンダ)
3位:小島庸平(スズキ)
4位:平田優(ヤマハ)
5位:田中教世(ヤマハ)
6位:新井宏彰(カワサキ)

■IA1 ヒート2
1位:平田優(ヤマハ)
2位:小方誠(ホンダ)
3位:田中教世(ヤマハ)
4位:小島庸平(スズキ)
5位:星野裕(カワサキ)
6位:熱田孝高(スズキ)

■IA1 ポイントスタンディング
1位:小方誠(ホンダ)127P
2位:成田亮(ホンダ)121P
3位:平田優(ヤマハ)112P
4位:小島庸平(スズキ)109P
5位:熱田孝高(スズキ)102P
6位:田中教世(ヤマハ)99P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集