【上海モーターショー13】フォルクスワーゲン、中国生産能力を1.5倍に…年産400万台へ

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン グラン ラビダ(上海モーターショー13)
  • フォルクスワーゲン グラン ラビダ(上海モーターショー13)
世界最大の新車市場、中国において、GMに次ぐ第2位のシェアを握るフォルクスワーゲン。同社が、中国での積極的な増産計画を打ち出した。

これは4月19日、中国で開催された上海モーターショー13のプレビューイベント、「フォルクスワーゲン・グループ・ナイト」において、フォルクスワーゲンが明らかにしたもの。同社は、「2018年までに、中国での年産台数を400万台以上へ引き上げる」と発表している。

フォルクスワーゲングループの現在の中国生産能力は、年間260万台。400万台以上という目標は、今後5年間で、生産能力をおよそ1.5倍に引き上げることを意味する。

増産計画の核となるのが、新工場の建設。フォルクスワーゲングループは現在、中国で7つの新工場を計画。このうち、5つの工場は、すでに建設が開始された。

同社のマルティン・ヴィンターコルン取締役会長は、「フォルクスワーゲングループの野心的な目標達成に向けて、中国が重要な役割を果たすだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【上海モーターショー13】GM、中国に4工場を建設…年産500万台体制へ 画像 【上海モーターショー13】GM、中国に4工場を建設…年産500万台体制へ
  • スズキ鈴木副社長、中国新工場「本当に稼働させる必要があるか見極めたい」 画像 スズキ鈴木副社長、中国新工場「本当に稼働させる必要があるか見極めたい」
  • ダイムラーと北京汽車、中国新工場を起工…小型メルセデス生産へ 画像 ダイムラーと北京汽車、中国新工場を起工…小型メルセデス生産へ
  • 英ジャガー・ランドローバーと奇瑞汽車、中国合弁工場を着工 画像 英ジャガー・ランドローバーと奇瑞汽車、中国合弁工場を着工

特集