ゆりかもめ、新型車両7300系を2014年初頭に導入へ

鉄道 テクノロジー
ゆりかもめ
  • ゆりかもめ
  • ゆりかもめ 東京臨海新交通臨海線 首都高速都心環状線
  • ゆりかもめ新型車7300系両
  • ゆりかもめwebサイト
3月15日、ゆりかもめは、1995年の開業以来運用してきた7000系に代わる新型車両7300系の第1編成目を2014年初頭に導入し、2016年度までの間に順次置き換えを進めていくと発表した。

新型車両7300系の特長は、座席の完全ロングシート化、最大乗車人数の増加、車内からの前方眺望の向上、空調性能の向上、荷棚の設置、セミハイバックバケットシートの採用(座席の背もたれを肩の高さまで上げる)、全車両に優先席を設置、車いすスペースの増設、車内に液晶ディスプレイを導入、日英中韓4か国語による案内の実施、車内照明のLED化など。

新型車両7300系デビューまでのスケジュールは、2013年3月末から第1編成目の本戦での試運転(夜間)を開始し、夏頃には営業時間帯での試運転も始める。2014年初頭からは第1編成目の営業運転開始となり、2016年度までの間に合計18編成(108両)を導入する予定。
《日下部みずき》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース