【春闘13】マツダの一時金は満額ならず、スズキは満額

自動車 ビジネス 企業動向
イメージ
  • イメージ
  • マツダ・CX-5
2013年の春季労使交渉は3月13日に回答が提示され、上場自動車メーカー10社の年間一時金は、マツダを除く9社が満額回答となった。また、円高の修正による業績の回復傾向を反映し、全社が昨年実績を上回る回答となった。

マツダの一時金は5.0か月分の要求に対し、会社側は4.3か月分を回答した。5年連続で要求を下回る回答となったものの、過去最低レベルだった昨年の3.3か月は上回った。同社は『CX-5』の好調などにより13年3月期は最終損益が5期ぶりに黒字転換する。

スズキは5.3か月分の満額が提示された。同社の満額回答は5年ぶり。自動車メーカー各社の春季交渉は、ベースアップ要求が4年連続で見送られ、一時金の交渉が焦点となっていた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース