【ボルボ V40 発表】歩行者エアバッグのオプション化は「魅力的な価格にするため」

自動車 ニューモデル 新型車
ボルボ V40
  • ボルボ V40
  • ボルボ V40
  • ボルボ V40
  • ボルボ V40
  • ボルボ V40
  • ボルボ V40
ボルボ・カーズ・ジャパンは2月19日、小型ハッチバック『V40』を発表、同日より発売を開始した。V40には、緊急時に歩行者の安全を守る「歩行者エアバッグ」は世界で初めて採用されている。

歩行者エアバッグについて、同社マーケティング部ディレクター若林敬市氏は「(安全技術の向上により)日本における死亡事故時の乗員死亡率は減少傾向にある。しかし、歩行者の死亡率は下げ止まりの傾向を見せていた」と採用の背景を語った。

一方で、歩行者エアバッグが標準装備ではなくオプション設定となったことに関しては、「(激戦区であるCセグメントの中で)269万円という魅力的な価格に設定するためにはえむを得ない選択だった」とした。

その上で、若林氏は「ただ、今後の経過によっては歩行者エアバッグの標準装備化は考えられる」と述べた。

歩行者エアバッグは、事故時にボンネット内部にあるエアバッグを作動させ歩行者の衝撃を吸収するもの。オプション価格は6万円。
《瓜生洋明》

編集部おすすめのニュース

特集