【MINI ペースマン 発表】クロスオーバーベースの4シータークーペ…312万円から

自動車 ニューモデル 新型車
MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
  • MINI マーケティング本部長 アンドレアス・ヴェッケ氏
  • MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
ビー・エム・ダブリュー ジャパンは2月13日、MINIのラインアップで7番目のモデルとなる『ペースマン』を発表。3月2日より発売する。

『クロスオーバー』とプラットフォームを共有している「ペースマン」は4シーター。フロントマスクはクロスオーバーとほぼ同等だがリアランプはMINI初となる水平形状を採用してワイド&ロー・コンセプトを表現している。

「スポーツ・アクティビティ・クーペ」をコンセプトにしたペースマンについてMINI マーケティング本部長 アンドレアス・ヴェッケ氏は、「エレガントなクーペのデザインとボディの技術を組み合わせ、幅広い活動をサポートする」と説明。

さらにターゲットユーザーに対し、「デザイン、スタイル、クオリティーに意識が高く、それなりに高いクオリティーの物を買う事によって自分の満足をしたいお客様がペースマンを買ってくださると思います」と述べた。

モデル「クーパー ペースマン」「クーパー S ペースマン」と「クーパー S ペースマン ALL4」が用意され、全グレードMTとATのトランスミッション装備が可能だ。価格は312万円から396万円だ。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集