二輪車輸出実績、2年ぶりに前年割れ…2012年

モーターサイクル 企業動向

日本自動車工業会が発表した2012年(1~12月)の二輪車輸出台数は前年比5.1%減の47万9163台と、2年ぶりにマイナスとなった。

車種別では小型二輪車が前年実績と横ばいの35万5827台となった。軽二輪車は同16.3%減の6万9963台と低迷した。原付一種は同9.9%減の1万7794台、原付二種が同22.4%減の3万5579台となった。

生産に占める輸出の割合は、80.5%で、前年と比べて1.5ポイントアップした。

地域別では北米向けは同2.8%増の18万4165台、南米向けが同8.1%増の4万3437台と順調だったものの、欧州向けが同6.2%減の16万3533台、アジア向けが同40.1%減の2万3275台と落ち込んだ。

輸出金額は、車両分が31億7872万ドル、部品分が13億9023万ドルで、総額45億6895万ドルとなり、前年比2.8%減だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集