先代 レクサス IS、米国でリコール27万台…ワイパーに不具合

自動車 テクノロジー 安全

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は1月30日、先代レクサス『IS』のリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、フロントのワイパーアームの不具合によるもの。米国トヨタ販売によると、先代レクサスISの一部に、ワイパーアームの取り付けが緩いモデルが存在。大雪の際などに、フロントワイパーの片側または両側が、動かなくなる恐れがあるという。

対象となるのは、2006‐2012年モデルのレクサスIS。合計でおよそ27万台が該当する。

米国トヨタ販売は、対象車の顧客に連絡。交換部品が用意でき次第、全米のレクサスディーラーでリコール作業を行う予定だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集