【株価】日産が900円台回復…電池自動車開発での提携を好感

自動車 ビジネス 株価

新型のFCEVをダイムラーとともに開発
  • 新型のFCEVをダイムラーとともに開発
  • 日産自動車・志賀俊之COO
全体相場は反発。

米国株安を受け安く始まったが、売り一巡後は買いが優勢。後場入り後為替が円安に振れたことから上げ幅を拡大した。

引けにかけて伸び悩んだが、平均株価は前日比42円41銭高の1万0866円72銭と小反発。

自動車株は総じて堅調。

日産自動車が39円高の934円と大幅続伸し、2008年5月以来の900円台を回復。燃料電池車開発で独ダイムラー社、米フォード社との提携を発表したことを好感した買いが入っていた。

トヨタ自動車が10円高の4320円、ホンダが30円高の3430円と反発。

いすゞ、マツダ、スズキ、ダイハツ工業もしっかり。

こうした中、日野自動車が28円安の918円と反落。

富士重工が7円安の1180円と続落。

三菱自動車が93円で変わらず。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集